まずカードローンとは、ものすごく単純に言えば「お金を借りる」ことで、消費者金融、信販会社、銀行などでカードを作り、ATMや銀行振込でお金を借りるサービス全般を指します。
ほとんどの場合ATMで返せます(口座引き落としが出来る場合もあります)。

通常お金を借りる場合たくさんの書類と時間が必要です。
例えば、住宅ローンなどは申込から借り入れまで何週間も、そして何回も書類のやり取りが必要な場合もあります。

数年前まではカードローンについても銀行や信販会社ではカード発行の申込をしてから利用できるようになるまでは数日から数週間掛かっていました。
即日審査ですぐにカードローンが利用できるのは、消費者金融とデパートの丸井ぐらいでした。

現在は、銀行と消費者金融の提携・子会社化やシステムの進化により、銀行が即日審査、場合によっては即日融資も可能になっています。

代表的なところで言えば「三井住友銀行カードローン ⇒ SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)」「バンクイック(三菱東京UFJ銀行カードローン) ⇒ アコム」「オリックス銀行カードローン ⇒ オリックス・クレジット」等で、銀行カードローンの業務を傘下の消費者金融が受託することで、個人融資に積極的な姿勢を見せ始めています。

即日審査キャッシングに限らず、カードローンの審査に必要なことは、「公的書類による本人確認」で借入希望額などに応じて「収入確認」や「他の借入内容の確認」等です。

借入の金額が小額の場合、本人確認の公的書類だけあれば収入確認は自己申告で可能です。
他の借入内容についても自己申告はしますが、各社が加盟する個人信用情報機関に照会しますので書類の用意は必要ありません。

ただ、収入証明の提出を求められる金額というのが、金融会社によってかなり違いがあり、消費者金融の場合、基本的に50万円を超えると必要になりますが、銀行カードローンの場合は、100万円以下なら原則提出不要で、中には300万円まで不要という場合もあります。
もし即日融資などのスピーディなキャッシングのご利用をお考えの場合、対応可能な上限金額をこの収入証明書が必要な金額以下としている場合があります。

この辺りの違いについては、カードローンの比較情報サイトなどで事前に確認しておくと良いでしょう。